ねこまどしぃ

3人の日常やら紙事情についてつらつらと。

BCF東京レポート

 皆さんお久しぶりです。まどっちです。

先日開催されたBCF東京地区大会に参加してきました。

 

【はじめに】

 今回は沢さんとチビタさんの3人でトリオサバイバルに出場しました。

いつものメンバーであるにゃゃぁさんの都合が悪かったこともあり、新しい試みとしてチーム「チビ沢っち」を結成・参加することとなりました。

 

【調整過程】

今回の調整環境は2つの理由から、ショップ大会で不特定多数の人と対戦することを選択しました。

 

1つ目は、調整するメンバーと都合が合わなかったこと。

 

私事ではありますが、今年の4月から新社会人としてデビューをしました。学生の頃とは違い時間に制約が生まれ、相手に都合を合わせることが難しくなりました。

改めて、相手がいないと出来ない趣味の難しさを感じました。

 

2つ目は、研修寮生活で自宅にインターネット環境がなかったこと。

 

これが今回1番の問題点でした。対戦相手はショップ大会に参加すれば確保できる可能性もありましたが、チームメイトとの連絡や相談事が大会当日まで全く行えませんでした。

 

そういった背景から今回の調整が始まり、本番を迎えました。

 

【本番当日】

デッキはごちうさしか持ってなかったのでごちうさにしました。他に握りたい候補もなかったので1番回しているタイトルを選択しました。

選抜は「出会えて良かったチノ&ココア」にしました。

理由は、調整過程でLv2から詰められるゲームや相手の圧縮が決まり打点が入らず尻つぼみになるゲームが多かったためです。

回復耐久するよりも詰めにいったほうが結果的に勝率が上がり環境に適していると考えました。

デッキリストはにゃゃぁさんに相談し、当日沢さんの意見を聞いて決定しました。

 
f:id:nk_mdt_893:20180504195215j:image

そんなこんなで結果ですが...

 

1回戦 艦これ 先 × チーム ×

2回戦 シンフォギア 後 △ チーム ×

 

チーム戦績 0-2で予選敗退でした。

 

これまで数々の大会に参加してきましたが、ここまでの惨敗は初めての経験でした。

 

【敗戦を踏まえて】

今回の敗戦の理由は大きく2つあると考えました。

1つ目は、調整不足です。

選抜カードの選択・デッキの方向性が決まったのが本戦の3日前だったこともあり、デッキが完成してから対戦相手が居る調整は当日の本戦前のフリーだけでした。

本番までにショップ大会に出ることができる回数を把握し、密度の高い調整を行うべきでした。

2つ目は、自分に合ったデッキを選択しなかったことです。

デッキリストの相談をした際、最初に2人から言われたことが「まどっちらしくない」でした。

最初は言葉の意味が理解できていませんでしたが、試合をしていくと、手に馴染まず自分のプレイに疑問を抱くようになっていました。時間がないからこそこれまでの積み重ねに頼ることも大事であることを学びました。また、普段から色々なデッキタイプに触れておく必要があると感じました。同じ事ばかりやっていても上手くならないってことですね。

 

【終わりに】

久しぶりの大会は多くの課題が残るかたちで幕を閉じました。

当面は、社会人という立場のtcgの付き合い方を模索していきたいと思います。

最後になりますが、今回チームを組んでくださったチビタさん、沢さんありがとうございました。

 

では。