ねこまどしぃ

3人の日常やら紙事情についてつらつらと。

まどっちと名古屋に行く~リセフェスタ名古屋レポート~

リセフェスタ名古屋に参加してきました。

フルコンプ川崎店で開催されたゆずソフト1.0発売記念BOX争奪戦に参加した日の夜、突如結成された「まどっちと名古屋に行く」というライングループに招待され名古屋遠征が決まりました。

 

 ・調整過程

本格的に準備を開始したのは大会の約2週間前でした。

名古屋フェスタの前に行われた大阪および広島でのフェスタの結果を踏まえ、デッキ選択を行うことにしました。

 

この時点での環境の主流デッキは、宙単・花単・雪単でした。クリスマスフェスタのときと比べて月単のシェアが落ち込み雪単のシェア率が徐々に伸びている状態でした。ならば、名古屋フェスタは花単デッキを持ち込む人が多く、結果として花単を意識した宙単が正着となると予想しました。

 

そのため、最初に構築したのは「ファントム・メイデン」、「護衛」、「セクハラ」を各種4枚搭載した宙単でした。

f:id:nk_mdt_893:20180213130949p:plain
f:id:nk_mdt_893:20180213130944p:plain
f:id:nk_mdt_893:20180213130939p:plain

イベント・アイテムだけでデッキの1/3ほどを占めるイロモノデッキでしたが、緋色杯で使用していたデッキと比べて花単に対しての勝率は格段に上がりました。

「常在戦場 常陸 茉子」or「大人な吸血鬼 矢来 美羽」+上記のイベントで適度にブロックしながらテンポダウンを狙いつつ、宙のスペックの高さでゴリ押す簡単なゲームでした。

f:id:nk_mdt_893:20180213134926p:plain

唯一相手の盤面に「恋の追跡者 ランサー/清姫があると厳しいゲームを強いられることになりますが、採用率の下がりつつあるカードであったことや「ご褒美」をケアするために「恋の追跡者 ランサー/清姫」自体が殴れず、ダメージレースで優位に立てないゲームが多く結果的に宙側が主導権を握るゲームが多い形となりました。

 

しかし、この構築は花単以外のマッチアップが厳しく、他の選択肢を模索することとなりました。

 

f:id:nk_mdt_893:20180213163200p:plain

そこで目を付けたのが「神の鞭搭載型の宙単」です。徐々に使用率が下がっているもののフェスタの入賞者には多く見受けられるデッキタイプです。

「神の鞭」はクリスマスフェスタ以降採用率が下がっておりメタ札も徐々に採用率が下がっていました。

神の鞭搭載型の宙単は強力なブロッカーを形成し、宙の得意とする中速ビートダウンへのゲームメイクがしやすい反面、初期ハンドの投資枚数が多く、序盤にコンボを決められないと決定打になりにくいという問題点を抱えています。

また、宙のキャラのほとんどは偶数コストで、Ex1のキャラは引いてしまった場合出すことを強要されるため、Ex1のカードの採用は慎重に行う必要があります。

f:id:nk_mdt_893:20180212143845j:plain

そういった背景からアップデートされたのがこの「神の鞭搭載型の宙単」です。

 今回のリストは「神の鞭」以外にも決定打を入れることで無理に序盤にコンボを決める必要がなく、これまでの疑問点を解決しています。

f:id:nk_mdt_893:20180213165000p:plain

 特にアップデート版で採用された「格差社会」は唯一無二の働きがあり、もはや採用していなかったことに疑問を感じるレベルのカードでした。

ミラーマッチではこれ1枚さえ持っていれば無理をして先手後手を返す必要がなく、終盤このカードだけで山札を10枚削りきることもありました。決定打の有無でゲームの優位性に大きな差が生じることからキャラのEx1の枚数を抑えイベントを投入しました。

 

「神の鞭搭載型の宙単」の選択に大きな問題がない以上、リセフェスタ名古屋のデッキが決まりました。

 

 ・リセフェスタ名古屋当日

 初めての夜行バス乗車を終え、朝温泉で体を癒し会場in。

デッキの決まっていないにゃぁぁさんにデッキを貸し、デッキリストを記入し、いつもの感じで1回戦を迎えます。

 

1回戦:ラビクリさん@雪単 ×

f:id:nk_mdt_893:20180213174758p:plain
f:id:nk_mdt_893:20180213174806p:plain
f:id:nk_mdt_893:20180213174816p:plain

初戦から最も苦手とするマッチアップ。雪属性に対しては対策という対策はなく、テンポを落としたら負けるため序盤から積極的に展開していきます。
しかし、「幻魔 綾地 寧々」、「ペッパー君 籠 夏希」、「死告天使 アサシン/”山の翁”」の3種類を早々に並べられボードアドバンテージを失い失速。序盤の山差も徐々に詰まり最後はキャラが湧かずに負けました。

 

2回戦:トラツナさん@宙単 〇

f:id:nk_mdt_893:20180213175550p:plain

後手だったため、後ろから固めていく従来の宙単の動きを徹底する立ち上がり。道中でゆずソフト限定構築の宙単ということが解りスペックの差で1度のアタックも許さず勝ちました。

 

3回戦:えびさん@宙日 〇

f:id:nk_mdt_893:20180213180300p:plain
f:id:nk_mdt_893:20180213180311p:plain
f:id:nk_mdt_893:20180213180321p:plain

ゆずSTのデザイナーズデッキ。混色デッキなのに手札枚数を縛りながら立ち回らなければいけないという弱点を抱えています。初手に出した「噛み砕く死牙の獣 バーサーカー/クー・フーリン〔オルタ〕」が全く止まらず、「ハロウィンコスプレ 因幡 めぐる」が着地するときにはお互いの盤面がすべて埋まっており受けるキャラがいなく淡々とゲームを進めて勝ちました。

 

4回戦:奈留さん@花単 〇

f:id:nk_mdt_893:20180213181312p:plain
f:id:nk_mdt_893:20180213181318p:plain
f:id:nk_mdt_893:20180213181324p:plain

先手、左右に「妹のぬくもり 千歳 佐奈」、「財閥令嬢 兼元 灯里」を配置。手札に「常在戦場 常陸 茉子」+「神の鞭」があったため早速コンボを決めテンポダウンを狙っていきます。ゲームを進めていくと「全てを染めよ禁忌の白 #ffffff」が落ちたため「散髪」は入っていないと判断。次のターンにアタックしてきた「財閥令嬢 兼元 灯里」に対して「常在戦場 常陸 茉子」+「神の鞭」で対応するも、バトル中に「散髪」を打たれ2-6交換。判断が軽率でした。
このような展開になったとき重要なのはしっかりとテンポダウンするカードを準備しているかどうかです。次のターンに慌てず「西住流 西住 みほ」を合わせていきます。

「常在戦場 常陸 茉子」+「神の鞭」を失ったもののゲームテンポは上がらず最終局面へ。相手がこちら側の狙いに気付かずAP0のキャラをチャンプブロックしたため「格差社会」でダメージが届くようになり勝ちました。

 

5回戦:tomatoさん@花単 〇

f:id:nk_mdt_893:20180213183345p:plain
f:id:nk_mdt_893:20180213183338p:plain
f:id:nk_mdt_893:20180213165025p:plain

4回戦の人とは違い2ハンドキャラ主体のウィニー花単。先手2ハンドDMG3 3体エンドに対し、後手は中央DFに「最果てにて輝ける槍 ランサー/アルトリア・ペンドラゴン」、右AFに「常在戦場 常陸 茉子」を配置。タイミングを見計らいながら「最果てにて輝ける槍 ランサー/アルトリア・ペンドラゴン」の効果を起動し、相手の盤面形成を妨害していきます。最後は「夜狼死九・黄金疾走 ライダー/坂田金時」で詰めて勝ちました。

 

6回戦:yubelさん@花単 〇

f:id:nk_mdt_893:20180213185659p:plain
f:id:nk_mdt_893:20180213134926p:plain
f:id:nk_mdt_893:20180213165000p:plain

ウィニーらしく2ハンドDMG3 3体エンド。こちらも中央DF「約束された勝利の剣 セイバー/アルトリア・ペンドラゴン」、右AFに「常在戦場 常陸 茉子」を配置していきます。こちらのスペックの高いアタッカーがなかなか引けず次第に盤面が固まっていきます。唯一打点の通っていた「吠え立てよ、我が憤怒 アヴェンジャー/ジャンヌ・ダルク〔オルタ〕」も「恋の追跡者 ランサー/清姫」の着地と同時に殴れなくなります。 お互い盤面が硬直気味になったときに相手の「蹴り穿つ死翔の槍 アサシン/スカサハ」アタックに対応して「常在戦場 常陸 茉子」で受けにいくも「エリちゃんツアーライブ2015!!」を打たれて一方ダウン。他の止まっていた列もこのターンだけは止まらなくなりダメージレースを逆転されてしまいます。

しかし、初手から抱えていた「格差社会」で打点を詰めることを念頭にプレイし、最後は綺麗に詰めて勝ちました。

 

結果、5勝1敗の8位入賞。

正直望外でした。夢にも思っていない展開でしたが、なってみると嬉しいものです。初戦負けの時点でだいぶメンタルに来ていましたが、しっかりと持ち直せたのが大きかったと思います。

また、バス旅行メンバーのにゃぁぁさん、かぱぷさん。川崎勢の赤名さんも入賞と入賞者の半分が顔見知りという大快挙。みんなで勝てると喜びも何倍に膨れ上がります。

リセにおける初入賞ということで、今日という1日が私にとって特別な日になることは間違いありません。

 

最後になりますが、今回の旅の手引きをして下さったかぱぷさん、にゃぁぁさん、緋色さん。夜泊めていただいたロリ邸?の家主様、絡んでくれた方々に感謝を示したいと思います。ありがとうございました!