読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ねこまどしぃ

3人の日常やら紙事情についてつらつらと。

デッキ解説-千夜シャロ- 担当:まどっち

Weiβ Schwarz ご注文はうさぎですか??

はい。まどっちです。

 

久しぶりのデッキ紹介になりました。

 

今更ですが、2017年度前期における規制改定により各地で勢力を振りかざしていた物語シリーズアイドルマスターシンデレラガールズに厳しい制限が課せられました。主要パーツやエンジンが奪われたため動きが大きく難しくなりました。特にトップデッキであったカナンと呼称されるデッキタイプは事実上消滅しました。

 

それから早一ヵ月、様々なCSが開催される中、トップメタに入ってきてるのは大きく分けて5種類だと思います。

 

その内訳は

 

ご注文はうさぎですか??

Re:ゼロから始める異世界生活

アイドルマスターシンデレラガールズ

ペルソナ

キルラキル

 

となっていると考えています。あくまで最近使用率の高いタイトルを並べただけなので参考程度に留めておくといいと思います。

 

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

今回はそんな中最近回している「千夜シャロ」の紹介と自分の思うことを書き連ねていきます。

 

もくじ

1.はじめに

2.サンプルレシピ

3.基本戦略

4.混ぜ物に対する考え方

5.メインデッキ解説

6.最後に

 

1.はじめに

 

「千夜シャロ」とはその名の通り「千夜」または「シャロ」と名のついたカードで構成されたデッキタイプです。効果のほとんどに

【カード名に「シャロ」か「千夜」を含むキャラ】

という縛りがあります。風宝で構築されたものが一般的ですが、最近は赤を混ぜた8扉千夜と呼ばれるデッキタイプも存在したりと、人によって構築が大きく変わってくるのも特徴の一つだと思います。

 

2.サンプルレシピ

 

f:id:nk_mdt_893:20170218103256p:plain

 

Lv0(16枚)

”プレゼント交換”千夜×4枚

”うさみみパーカー”シャロ×4枚

木組みの街で千夜×4枚

”頭いいお姉ちゃんアピール”千夜×2枚

”着替え中”ココア×2枚

 

Lv1(15枚)

楽しければオッケー千夜×3枚

いっしょに行こうココア×2枚

いらっしゃいませミニ千夜×2枚

ハートに込めて千夜×4枚

”マイペース”千夜×4枚

 

Lv2(3枚)

ぷくー顔千夜

つつましやかな少女シャロ

メイド服姿のチノ

 

Lv3(8枚)

”プレゼント交換”シャロ×4枚

出会えてよかったチノ&ココア×4枚

 

CX(8枚)

幼馴染の二人×4枚

枕投げ×4枚

 

3.基本戦略

 

高打点キャラによる盤面制圧が基本スタイルです。サーチ手段が乏しい千夜シャロでは引いたアタッカーキャラの重要度は他のデッキより高く、一度崩されると立て直すのは余程引きが良くない限り困難です。そのため、≪木組みの街千夜≫を筆頭とした【起】に誘発するバフカードを用いたサポートを主軸に打点で押していくと同時にアタッカーを使いまわすことがこのデッキに適しています。

 

f:id:nk_mdt_893:20170220112643j:plain

 

4.混ぜ物に対する考え方

 

前述したとおりこのデッキの効果にはネーム縛りという制約があります。そのため、デッキを構成するカードは「千夜」または「シャロ」ネームのみで構築するのが定石です。

では、なぜ混ぜ物をするのか?それは「混ぜ物をすることで純構築には存在しない強みを追求することができる」からです。基本的に引いたカードを効率よく使って盤面形成をしていくデッキであるため、混ぜ物をするのならそれをサポートするものを組み込むべきです。

ですが、元々単色及び2色で構築することを前提にデザインされたカードプールであるため、大抵のカードはその条件を満たしていません。よく聞く赤入りの千夜シャロが弱いと言われるのはこれが理由です。しっかりとした取捨選択をしない限り赤入り千夜シャロは千夜シャロの劣化であり、それならラビットハウスを握った方がいいとなってしまいます。

大切なのは「メインギミックがどちらなのか」を見失わないことなのです。

 

5.メインデッキ解説

 

千夜シャロをメインギミックに据えるのは序盤の円滑なスタートを切りやすいからです。移動+オカケンの組み合わせはRewriteの頃から知られておりとても強力です。序盤に安定したギミックがあるからこそ安心してLv1以降の準備をすることができます。

 

f:id:nk_mdt_893:20170220125309p:plain

 

相手のデッキタイプ次第では、Lv2から「プレゼント交換シャロ」のプレイを求められることもあります。強引な攻めは控え、アタッカーを出すタイミングを見計らいながら段階的に攻撃の手段を準備することが重要です。

 

[千夜シャロギミック]

 

≪”プレゼント交換”千夜≫

”うさみみパーカー”シャロ

前述した移動とオカケンです。千夜シャロを軸に構築するならこの2種類を採用しない理由はありません。

基本的なカードであるため、別段変わった使い方もありません。

強く使える時に使いましょう。

 

木組みの街で千夜

集中+バフカードです。

基本的に後列はこのカード+αで構成するのがセオリーです。

このカードの最大の強みはテキストが自己完結していることにあります。

【起】に誘発するバフカードに【起】効果がついているため隙がありません。

前列に配置するだけで往復のパワーラインの幅が広がるため重ねて引いても強いのも評価が高いです。

 

”頭いいお姉ちゃんアピール”千夜

サーチカードです。サーチ手段が乏しいこのデッキではこのカードは重宝します。

また、「幸せそうなシャロ」を採用していないため貴重な手札を切る手段でもあるため使いどころはしっかりと見極めていきたいです。

 

楽しければオッケー千夜

2000助太刀です。

打つタイミングはしっかり考えて使いましょう。

 

いらっしゃいませミニ千夜

このカードの強みは【起】効果を単体レストで使用できることです。

ネームに千夜を含んでいるためサーチすることもできます。

後列はこのカードと≪木組みの街で千夜≫を立てるのが基本になると思います。

 

”マイペース”千夜

ハートに込めて千夜

Lv1のメインアタッカーです。

今回アタッカーを選ぶ基準として、

 

1.単色で構築する

2.返しのパワーラインの高さ

3.次のターンのアタッカーになる

 

上記3つの条件を満たすアタッカーの組み合わせはこれだけです。

他にないものはしょうがないためこの組み合わせを最大限生かせるプレイングをしましょう。

 

ぷくー顔千夜

千夜シャロの詰みパターンを回避することができます。

相手の早だしキャラに対して≪”プレゼント交換”シャロ≫による対処ができない場合がそれにあたります。

早だしのタイミングが限定されているため好きなタイミングで出せる早だしに対する処理方法は限られてきます。

また、飛龍系統のキャラに対してはバフカードを最大限活用しないと触ることも出来ずましてや複数面展開された場合の処理は容易ではありません。

早だしメタアタッカーにありがちな最終局面で役割を失いがちという問題点も、自分でクロックを進めるとはいえ山から好きな千夜シャロネームをサーチできるため、その役割を失うことがありません。

 

つつましやかな少女シャロ

2000応援です。

盤面制圧をコンセプトに据えたデッキにおいて後列のパンプ値を妥協するのは折角のバフカードを腐らせているのと同義です。

ラビットハウス軸のように2000応援をほぼ必ず立ててくる相手に対しては意識して握るようにしましょう。

 

”プレゼント交換”シャロ

早だしキャラ兼特殊ヒールです。

回復メタにも引っかからないのも評価が高いです。

Lv1の盤面制圧ができない相手やゲーム展開になった場合はこのカードの複数面展開を意識していきます。

早だしキャラが追加されたおかげでゲームの転換点が増えたのも千夜シャロの強みの一つですよね。

 

[補助カード]

 

補助カードを採用するにあたって大切なことはその役割を明確にすることです。

それと同時にメインギミックで解決できないことのみをサポートすることです。

本来であれば不純物である補助カードなのですからそれを入れなければ実現できないことのみのサポートに絞り採用枚数は必要最低限に抑えるべきです。

今回もCXを除き9枚のカードのみの採用に抑えているのもそのためです。

 

”着替え中”ココア

アタック時のバフカードです。

後攻1ターン目に移動と合わせることで最近流行りの1/0/3500を踏むこともできます。また、ハートに込めて千夜≫は盤面の千夜シャロネームに依存しないためこのカードと相性がよく後列のバフカードと組み合わせれば簡単な早だしキャラなら触ることができます。

 

いっしょに行こうココア≫ 

メイド服姿のチノ

助太刀のバリエーションを増やすために入っています。

どちらのカードも千夜シャロネームのみでは解決できない事案を解決することができます。

ごちうさというタイトルを構築する際には必ず採用したい2種類の助太刀です。

 

出会えてよかったチノ&ココア

 一般的な千夜シャロのフィニッシャーは≪””うさみみパーカー千夜≫です。

しかし、盤面制圧するデッキの詰めがクロックシュートではコンセプトに合致しません。

そのため、新たなフィニッシャーとして採用したのがこのカードでした。

また、対応CXが扉であるため、従来の構築では実現することができない動きができると同時に安定感の底上げがされています。

 

[CX] 

 

幼馴染の二人≫(宝)

枕投げ≫(扉)

当初は安定感の底上げ、控室へのアクセス手段という意味で8扉でしたがCXの打ちにくさが目立ち打ちたいタイミングで打てないことが多かったため、4扉4宝になっています。

人によっては扉5宝3など配分が変わってくるため、この枚数は個人の好みだと思います。

 

 6.さいごに

 

今回紹介した構築はまだ問題点が多くトーナメントで戦うのは難しいです。

新規制が発表され多くの人が新環境に向けて試行錯誤している途中だと思いますが、既存のデッキに固執せず様々な可能性に触れてみてほしいと思います。

 

 

以上です。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

質問等あればTwitter(@warashi_mdt)やコメント欄にお願いします。

では、次の記事でお会いしましょう。