読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ねこまどしぃ

3人の日常やら紙事情についてつらつらと。

化物語宝羽川のお話 担当 にゃぁぁ

Weiβ Schwarz

 

 

 

 

こんばんわですん

 

初回以来ですね、にゃぁぁです(o´ノωノ`o)コンニチ…ヽ(o´・∀・`o)ノワァ♪

 

今回は、化物語の宝羽川についての記事を書いていきますね

 

とはいっても考察やら構築やら書いてくんじゃなくてこの間気になってアンケした結果が上がってきたのでそれについてのお話です

 

わざわざ見に来てくれた人たちなら知ってると思いますが一応カードの紹介はしておきます

 

f:id:nk_mdt_893:20161203025214j:plain    f:id:nk_mdt_893:20161203025224j:plain

 

件のカードとその対応ですね

 

経験達成で 2/2 9500 宝対応を貼ることで任意のストックを2枚ずつ積んでいくカードです

 

対応が宝アイコンを持つクライマックスと打ちやすく、連打する度に純ストックを積んでいき、次の山を強くしてくれます

 

このカード自体の説明もほどほどに早速件のアンケートの結果を見ていきましょう

 

アンケートの結果はこちら(ノ °ω° )ノ

 

f:id:nk_mdt_893:20161203030022p:plain

 

Twitterのアンケート機能を使ってアンケートをとってきました

 

__________________________________

 

Q、宝羽川採用の物語プレイヤーに質問です。

  対面してきついと思うのは?

A1、TP筆頭の美夏を打たせない早出しタイトル

A2、AW、キズナイーバー等、後列焼きタイトル

A3、艦隊やDS、L2でライン立つタイトル

A4、いつもの光景保有タイトル

 

__________________________________

 

まずは、153票もの投票大変ありがとうございます

 

正直思ってたよりもかなり多く入ってくれて嬉しい限りですヾ(*´∀`*)ノ

 

まずはそれぞれの選択肢の説明から・・・

 

A1、TP筆頭の美夏を打たせない早出しタイトル

 

これなんですがちょっと説明不足でした

 

ちょっと人によって認識が違ったんじゃないかなって思ってます(*;ω人)ゴメンネ…

 

しょうがないのでボクが思い描いてた内容で話を進めていきますね

 

まずはこちら

 

 

f:id:nk_mdt_893:20161203031627p:plain

 

書いてあるとおり早出し→助太刀使用不可を押し付ける系のカードたちですね

 

例としては画像に上げましたTrancing Pulse 凛 『やって後悔しない』神原駿河などが存在します

 

美夏含め助太刀そのものを封じるので美夏に限らずすべての助太刀を無効化できますね

 

Trancing Pulse  に関しては助太刀だけでなくカウンターも封じます

 

これは文面からもわかるとおりなのですが

 

”美夏が効かない”という点でこちら

 

f:id:nk_mdt_893:20161203032437p:plain

 

”相手の効果に選ばれない”通称アンタッチャブルを持つカードたちですね

 

こちらの説明も掘り下げるべきだったかもしれません

 

次に生かします(m´・ω・`)mペコ

 

みんなこのあたりのカードも見込んでくれてるとみなして話を進めていきます

 

簡単なカード紹介ですが、ご覧のとおりスクストの沙島 悠水やシンフォギアのキャロル・マールス・ディーンハイムですね

 

これらに限らず、物語の昔話や主従関係などもありますよね

 

挙げだしたらキリがないのでこの程度にしておきますがこのようなキャラ達に羽川を踏まれることを想定とする選択肢です

 

こちらに17%の票数をいただきました

 

助太刀不可は問題外で、アンタッチャブルキャラも比例応援などを絡められれば羽川を助太刀圏外から踏むこともそこまで難しくはないですよね

 

ボクはこれされて結構辛いと感じるゲームが多かったのでそこそこ票取れるのかなと考えていたのですがそこまで票は取れませんでしたね

 

それぞれに対し、対処法があるタイトルもありますが踏まれた後の返しなども考えると対応を打った直後の頼りない手札で返せるのかなといったボクの感想です

 

じっくりゲームテンポを見つめてゲームしていきたいです

 

つぎにこちら

 

A2、AW、キズナイーバー等の後列焼きタイトル

 

近頃流行りの後列焼きタイトルたちですね

 

f:id:nk_mdt_893:20161203034637p:plain

 

勝平や次弾のとあるなど後列焼きに含めちゃうのはちょっと微妙な気もしますが後列にちょっかい出してくるキャラ達ということで(つд⊂)

 

アクセルワールドから乱暴な運転戦闘中 ウタイキズナイーバーから”一人にはしない”勝平を例として引っ張ってきました

 

ボク自身、化物語はやはりシステムカードが他タイトルと大きく差別できる点だと考えているので来るとわかっていればそこまででもないかな・・・と考えていたのですが結構票が集まり、24%の票をいただきました

 

純粋に手札を1枚持っていかれるのも辛いのかなといった感じでしょうか

 

後列焼き切られても単体で9500でる羽川はやはり魅力的に見えますね

 

TP意識なのか後列焼きが流行ってきてます

 

先程もちょろっと話に出ましたが次弾の美琴なんかもなかなかエグい焼き方してきますね

 

このあたりに焦点を合わすならちょっとデッキを考え直さなくてはいけないかと思います

 

実際はここより被害の大きなデッキが多そうですが・・・( 'ω' )

 

そして3番目

 

A3、艦隊やDS等、L2でラインが立つタイトル

 

f:id:nk_mdt_893:20161203040340p:plain

 

DSから告白の返事 天、艦隊から呂号潜水艦 呂500を筆頭とするレベル2で羽川を超えるラインを揃えてくるタイトルですね

 

天は羽川正面で単体11000、呂も対応込みで12000と羽川を踏むには十分すぎるパワーを持っています

 

艦隊に関しては、起動パンプギミックを使用することでさらに1500~のパワー補正がかかるのでかなり強力です

 

ボク個人としては行きパワー出る天より返しもパワーが高い呂が結構厄介ですね

 

純粋に早出しからの呂を羽川で安全に踏めないという状況が結構刺さるのかな

 

起動パンプ含めたラインを要求させられるのも辛いかなって感じです

 

こちらの回答には27%の票が集まりました

 

そしてラスト

 

A4、いつもの光景保有タイトル

 

皆さんご存知&大好き”いつもの光景”テキストを持つカードたちですね

 

f:id:nk_mdt_893:20161203043501p:plain

 

本家アイドルマスターからいつもの光景、DCからわたしの気持ち ななか、近頃またちょくちょく見るようになったミルキィからムクムク本などですね

 

相手のストックを荒らすことを目的としたカードたちです

 

シンプルゆえに宝羽川で回すデッキにはぶっ刺さりますね

 

今回のアンケートではこちらの選択肢が32%で堂々たる一位になりました

 

毎ターンシナジーでかなりの速度でストックを積み上げていく羽川ですがこのカードを使われてそのままゲームエンドなんて状況も結構出来上がるでしょう

 

それほどまでに意識しないといけないカードではあります

 

実際に対面したことももちろんありますが来るとわかっていて注意しながら立ち回っていてもほかのデッキに比べるとやはりどうしても弱い部分ができてしまうのかなと感じます

 

このカードを保有するタイトルに向き合ったらお昼寝 真宵などでたまったストックを早々に手札などに還元していきたいですね

 

f:id:nk_mdt_893:20161203045555j:plain

 

ちょっとデッキコンセプトとずれてしまいますが2レベまでに2/2である羽川を2面ないし3面用意するには0~1レベである程度ストックを作るデッキ構築が求められます

 

実際に阿良々木を積んでいたり、2レベまでにコストを使わないと登場できないキャラは入ってなかったりするデッキ構築になっているはずです(人によっては例外もありますが

 

このデッキ特性を利用して”後出しジャンケン”にデッキを持っていくという戦略も考えられますね

 

羽川の強みの一つに”ストックを積み直せること”があります

 

つまり相手がこちらのストックを崩すのを待ってそのあとに綺麗なストックを積み直してしまおうという魂胆です

 

一度打てばストックの積み直し、二度目以降はストック生成→山圧縮と羽川対応の利点を今一度見直してみるのもいいかもしれませんね

 

実際にこの”いつもの光景”と呼ばれるカード群が基本的にイベントとして刷られていること、このカードを打つことによってあいてのリソースを1枚割いている事を考えると長い時間このカードを握っているのは相手にも少なからずリスクがあるはずです

 

実際に引くのにも一苦労、抱えておくのにも一苦労必要なカードです

 

緑発生を必要としないデッキに対し無理に採用しているのならなおさらです

 

絶対に意識から外せないカードではありますがこれを意識しすぎてゲームが崩れるなんてことはないようにしたいですね

 

でもやはりこのカード一枚でこのデッキのメインプランを潰してくるので苦手にする人は多い印象ですね

 

どのトップタイトルにもメタというのは存在するので、その場、その状況において慌てることなく対処していきたいですね

 

 

 

さて、ここまで長々とお話してしまいましたが今一度アンケートを確認してみましょうか

 

f:id:nk_mdt_893:20161203053624p:plain

 

結果は

 

A1、17%

A2、24%

A3、27%

A4、32%

 

となりました

 

また環境の移り変わりや新カードの出現によって変化するのが楽しみですね

 

それと余談ですが、

 

一応このアンケート項目外があればリプくれ( ゚д゚)クレみたいなことも書いてあったんですが結局一件もほかの意見はきませんでした(”いっけんも”来なかっただけに(´>ω∂`)☆)

 

ボクの予想では一人か二人くらい”飛龍互換がつらい”なんてことを行ってくる人もいるのかなと思ってたんですがそんなこともありませんでしたね

 

実際あたってみるとサイドゲームになった時に、飛龍側に軍配が上がりそうだなと考えてはいるんですが

 

とはいえ、基本的には打点で押しきれてL3の厚さで差が出ちゃうのかなみたいな印象ですか

 

先に飛龍展開されたら厳しそうですけど

 

飛龍タイトルも減ってきてるしそこまで気にすることはないかもしれませんね

 

一応そうなった時のゲームプランは確認しておきたいところです

 

はてさて・・・長々と書いてきた今回の記事なんですがそろそろお別れです

 

ぶっちゃけ言うともっと軽い感じに適当にちゃら~っと終わらせようかと思っていたんですが結構長いこと書いてしまいましたね

 

気が付けばもう朝の6時・・・アホか、朝じゃねえか!!!(;゚Д゚)!

 

ボク自身まだこのデッキ理解できてないことが多いのでご意見などありましたら(@myaa_TY)まで

 

是非ご教授に来てやってください()

 

それでは今回はこのへんで

 

にゃぁぁでした~( 。`- ω -´。)ノシ