ねこまどしぃ

3人の日常やら紙事情についてつらつらと。

リセフェスタ東京 byにゃぁぁ

 

神姫環境実はあまり遊ぶつもりじゃなかったんですが東京フェスタ行ってきました

 

仙台フェスタと名古屋GPにも顔出す予定です

 

使用デッキは名古屋の時のをベースに少し神姫のカードを組み込んだペッパー雪単

 

割とギリギリまで神姫月単とどっちにしようか悩んだんですけど僕の中で神姫月単は手の内割れてるとかなり勝ちにくくなるので無難に使い慣れた雪単で行きました

 

次の日そのことを某氏に話したら考えすぎなんだよ!って言われました

 

ついでにひーろとみさきー宛にありがたい伝言も授かったので伝わるか知りませんが置いておきます

 

??ッ??「お前ら考えすぎなんだよ!!」

 

さて、大会レポです

 

リセフェスタ東京

 

使用 雪単ペッパー軸

 

1回戦 日月 ✖️

 

日見えたので移動対策で先に荊軻、サタンを設置するように立ち回ったところ見事に2ハンドキャラとアグレッシブだけでゲーム閉められました

完全に不利除去強いられた厳しいゲームでした

 

2回戦 宙単 ◯

 

トールをペッパー君で釘付けに、5点パンチは永遠にオペラで止め続けました

 

3回戦 花宙 ◯

 

西住みほを作るデッキ(雑

PRジャンタが強かったです

でもペッパー君はもっと強かったです

 

4回戦 神姫月単 ◯

 

リーダーバレからのこちら先手のうまく偶数コスト綺麗に引けたのでバアル荊軻2枚スタート

 

重いキャラが多い神姫月単ならこれでいけるやろ〜からポセイドンでサタン下げられてミョルニル追加して荊軻ジャンプ

 

その後も除去撃ったりマシュオダチェンでサタン戦線戻ったりでちょい打点有利くらい

 

うまくリソース削り取った形になり勝ち

 

5回戦 宙単 ◯

 

2ハン、3ハンが少し多めの宙単だったのと立ち上がりしっかり寧々言えたのできっちり除去回って勝ち

DP5が出て来なければ大体翁で討ち取れるので落ち着いてプレイできますね…

 

6回戦 日単

 

名人!?

よく当たりますね。。。とか言いながらワイワイと

先手エリナエンドの悪そうな立ち上がりもこちらAP2アタッカーしか引かずひょんな事からサポ要求がキツくてずるずると同じ打点でゲーム進行

日単に同じ打点進行で勝てるはずもなく…

翁で除去するところ間違えたなって思いました

ミョルニル君お前そういうところだぞ(やっつけ

 

ミョルニル引けるまでひたすら打点レース抑え続けるゲームしたいんですが前日に2ハンキャラ減らした弊害か全く2ハンブロッカー通らなかったので死んでましたね…

 

7回戦 日単 ✖️

 

先手寧々ミョルニルのいい感じの走り出しだな〜って思ったら相手ウィニー日単

 

二回連続でAP3ブロッカーを要求されるゲームにぐぬぬ。。。とか言いながら引けたら引けなかったり

 

ミョルニル分の打点上がってるとは言え相手もとってもとっても後続アタッカーが湧いてくる

 

最後うまい具合に10点詰められて負けました

 

このゲーム最後僕が相手の詰め計算間違えて余計なブロックしてしまったので納得とともにめちゃめちゃ悔しかったです

 

いい勉強になりました

 

そんなこんなで4-3というパッとしない戦績

 

実力不足をよく感じるゲームが多かったです

 

特に日がらみのデッキとはもっとちゃんと練習しようと思いました。。。

 

あと帰ってから速攻2ハンドキャラ増やしました…

 

そんなところですねん

 

ではでは

 

 

 

 

 

 

大会レポ 〜にゃぁぁ〜

 

最近更新サボりまくりなので珍しく休日に大会出てきたのでそのレポとか

 

まずは大会レポ

 

使用は全て調整用雪単

 

 土曜日

 

ホビ3rd公認

 

mix宙単 〇

mix日単 〇

mix宙単 〇

mix花単 ✖

 

花単戦はこちらの展開が間に合わず序盤のリードを巻き返し切れずに負けの典型的なやつ

 

花の新リーダーが後からDP貰うと6まで上がってペッパー君でケアできる範囲超えるので手打ちのイベントなにか積もうかなと思いました

 

でもまぁ荊軻もあるしサタンもいるので除去の枚数どうしようかなてのはかなりありますね…

 

リーダー止めないと虚数と一緒に6点叩いて来るのはやはり犯罪()

 

日曜日

 

洞窟公認

 

月単 ✖

雪単 〇

 

月単戦は、恐れていた3/1アタッカー祭りをマリガン前後で完全に沈黙したのできつかった

 

それでもこれ以上3/1減らしたくないんだけど少し枚数調整は必要かなて

 

当たり前ですが序盤に2ハンドキャラ引きすぎると後半でキャラ湧かなくて結構きついっすね

 

あとペッパー型は硬め雪にはそこそこ優位取れてる気がします(ここ2週間くらい回した感じ

 

ホビ3rd公認

 

日 〇

宙 〇

宙 ✖

 

日相手だとやっぱり素直に相打ち取らせてくれるし移動への除去も通りやすく、変にアグレ大量デッキ相手するより安定しますね

 

ミョルニルが強い

 

キルレンジ長くなったのが結構怖いと思うことあるんで手打ちのイベント必要かなぁ…て言った感じ

 

宙に対しては大会とシャブ王がたくさん打ってくれたのでだいたい勝ちゲー負けげー見えてくるようになりました

 

感じ、寧々3回か翁、今のデッキだと先おきの除去の有無でだいぶゲーム分けてる感じがしますね

 

特に先おきの除去

 

相手が出してから除去設置するのは割と手遅れになりやすいですねぇ

 

こういう点でも手打ちの除去が欲しいんですけど荊軻の手札の奇数切りながら綺麗に除去するのは魅力的なのもなかなか捨てがたい…

 

ただこれ以上EX1は厳しいのでまぁ相談相談って感じでしょうか

 

そんな感じで来週は東京フェス

 

雪か月か花あたりで未だまよいマイマイしてるしわかんね〜〜って感じ

 

それでは

 

デッキ解説~「ペッパー君 籠 夏希」軸 雪単~

2月10日に行われたリセフェスタ名古屋で、同ブロガーであるにゃぁぁさんが使用した雪単の解説記事です。

大会レポートはこちらから

 

・概要

雪単には大きく分けて2つのアーキタイプが存在します。

除去イベントを多用して攻める除去ビート型と相打ちを主流とした「ペッパー君 籠 夏希」(以下:ペッパー君)型です。

まず最初に着手したのは除去ビート型でした。

f:id:nk_mdt_893:20180214211426p:plain
f:id:nk_mdt_893:20180214211441p:plain
f:id:nk_mdt_893:20180214211448p:plain

除去ビート型の強みは「幻魔 綾地 寧々」と「優雅に歌え、かの聖誕を ランサー/ジャンヌ・ダルク・オルタ・サンタ・リリィ」(以下:サンタ・リリィ)が同時に使えることです。

サンタ・リリィは、イベント除去に誘発するためイベントさえ積めば採用することはできますが、アタッカーとして使用するにはスペックが心許なく、リソース源として使用するならある程度の除去イベントにデッキのスロットを割かなければいけません。

どちらの型が良いのか一概に優劣を決めることはできませんが、プールに存在する除去イベントに対してそこまで魅力を感じなかったため評価があまり高くありませんでした。

そこで次に目を付けたのがペッパー君型でした。

f:id:nk_mdt_893:20180213174806p:plain

ペッパー君の強みはその効果にあります。

効果を使用すれば2ハンドブロッカーを3ハンドキャラと同等のスペックに昇華させ、相手の3ハンドキャラと相殺することができます。また、DPで固めてくる相手に対しても効果を利用してアタックを通しにいくことができるため、攻防どちらでも活躍する1枚です。

似たようなことができるカードに花の「恋の追跡者 ランサー/清姫」(以下:清姫)や日の「にごり酒」があります。

強さが実感できない人は1度試しに使ってみるのをお勧めします。

 

清姫とペッパー君

ペッパー君と清姫はとても似た効果を有しています。

f:id:nk_mdt_893:20180213134926p:plain

ここで浮上する問題はどちらの属性がこのコンセプトに適しているかということです。 

ということで並べてみました。

f:id:nk_mdt_893:20180214220833p:plain
f:id:nk_mdt_893:20180214220840p:plain
f:id:nk_mdt_893:20180214220848p:plain
f:id:nk_mdt_893:20180214220857p:plain
f:id:nk_mdt_893:20180214220909p:plain
f:id:nk_mdt_893:20180214220919p:plain
f:id:nk_mdt_893:20180214220924p:plain
f:id:nk_mdt_893:20180214221005p:plain
f:id:nk_mdt_893:20180214221013p:plain
f:id:nk_mdt_893:20180214221020p:plain
f:id:nk_mdt_893:20180214221025p:plain
f:id:nk_mdt_893:20180214221032p:plain
f:id:nk_mdt_893:20180214221042p:plain
f:id:nk_mdt_893:20180214221053p:plain

厳密にはもう少し種類はあるのですが今回は単体でAP3に成り得るカードだけに絞って話を進めていきます。

並べてみると顕著に表れるのですが、花の2ハンドAP3はそのほとんどがEx1です。

清姫を主軸に据えた場合、多く採用する必要がある2ハンドAP3のExが1しかないのは致命的です。同コスト帯のキャラで相打ちしていくのですからExの事故要因は極力抑える必要があります。

また、効果を使う際に要求されるのはどちらも2コストであるため手札にEx1が貯まりやすいという性質があります。そういった面から花というデッキでこのコンセプトをメインプランに据えて戦うのは難しいと考えました。

それに比べて雪のキャラはほとんどがEx2です。花と比べてDMGは低いものの基本的にDFで相打ちすることが前提のカードであるためDMGの低さはデメリットには成りません。

詰まる所、花の2ハンドAP3はブロッカーというよりはアタッカーとしてデザインされているカードが多いという話です。

また、一番大きな点が「幻魔 綾地 寧々」の存在です。

f:id:nk_mdt_893:20180213174758p:plain

リセというゲームは、ハンド等価枚数キャラで相打ちをし続ける限りお互いに打点が入ることはほぼありません。

しかし、それはお互いの手札枚数が同じ場合の話です。「幻魔 綾地 寧々」で擬似的に手札枚数が増やせる雪にとってはキャラを合わせ続けると最終的には、こちらだけが一方的に打点を通せる状況になるわけです。

 

そういった経緯からこのコンセプトは花よりも雪で行うことに決めました。

 

・サンプルレシピ

f:id:nk_mdt_893:20180214170639j:plain

 

・メインデッキ


 死告天使 アサシン/”山の翁” x 4枚
 ペッパー君 籠 夏希 x 4枚
 神領次元霊子分解理論 ミョルニル x 4枚
 リベリオンアスク ミストルテイン x 4枚
 不還匕首 アサシン/荊軻 x 4枚
 幻魔 綾地 寧々 x 4枚
 冥鏡宝典 キャスター/ニトクリス x 4枚
 クイーンオブナックル セスタス x 4枚
 ディスティニードロウ ラストリゾート×デュエル x 4枚
 担任教師 中条 比奈実 x 4枚
 アンコールいくよー★ 風魔手裏剣 x 4枚
 霧夜の殺人 アサシン/ジャック・ザ・リッパー x 2枚
 ハウスキーパー 籠 夏希 x 2枚
 いまは遙か理想の城 シールダー/マシュ・キリエライト x 2枚
 磔刑の雷樹 バーサーカーフランケンシュタイン x 2枚
 山の老翁 アサシン/呪腕のハサン x 2枚
 オペラ座の怪人 アサシン/ファントム・オブ・ジ・オペラ x 2枚
 心の欠片 x 4枚

 

先述した通り、ペッパー君を主軸に据えた構築です。

リセの基本である「同コスト帯の相打ち」を徹底して行うデッキとなっています。

相手の出してきたAFキャラに対して適したDFキャラを合わせ続け、盤面構築を行なっていきます。

 

・採用カードについて

採用カードについてですが、リセの教科書であるひーろぐに素晴らしい記事があるので、まずはそちらを読んで頂ければと思います。

 


大事なことは全て先の記事に書いてあるので、ここでは掻い摘んで説明していこうと思います。

 

・不還匕首 アサシン/荊軻

f:id:nk_mdt_893:20180214231022p:plain

「死告天使 アサシン/”山の翁”」(以下:翁)+αの除去枠。この枠は人によって求めることが変わってくるため一概にこれが正解とは言えないと思います。

私がこの枠のカードに求めることは、ハンド等価枚数キャラでの相打ちを妨害するカード、アタックをしなくてもダメージの刻めるカードの除去が行なえるものでした。

f:id:nk_mdt_893:20180214234456p:plainf:id:nk_mdt_893:20180214234505p:plain

具体的には、「乙女の貞節 バーサーカーフランケンシュタイン」や「太陽の小町 兼元 灯里」などがそれに当たります。

その条件を満たすのが「不還匕首 アサシン/荊軻」だったというわけです。

あくまでも翁のサブとしての役割で採用しているため優先的にコストとして切られることが多く、引き直しも兼ねて最大枚数投入していますが、デッキのEx1の枚数を考えると最初に削れるのはこの枠かもしれません。

 

・いまは遙か理想の城 シールダー/マシュ・キリエライト

f:id:nk_mdt_893:20180214232201p:plain

オーダーチェンジ枠として採用しています。

今も昔も詰めらしい詰めは 「アンコールいくよー★ 風魔手裏剣」しか存在しないためオーダーチェンジはデッキに入っているだけでプレイの幅が広がります。終盤DFに置いてあった「ディスティニードロウ ラストリゾート×デュエル」がオーダチェンジからアタックするなんて状況があったりもします。サブで付いているAPDPDMGを+1する効果もこのカードを使うタイミングを考えれば十分強力です。

また、ペッパー君はそのスペックからDFに配置することもあり、道中AFに上げる方法として使用することも稀にあるため覚えておくといいと思います。


・さいごに

このデッキの難しいところはEx1を何枚まで許容できるかの一点に尽きると思います。

実際、大会中も大会後も「Ex1引きすぎて辛かった」とありがたい苦情を試合が終わるたびに頂いたので、まずはEx1の枚数を絞る事から始める必要がありそうです。

もうじき神姫発売ですがこのデッキがどのような変化を遂げるのか今から楽しみです。

 

では。

まどっちと名古屋に行く~リセフェスタ名古屋レポート~

リセフェスタ名古屋に参加してきました。

フルコンプ川崎店で開催されたゆずソフト1.0発売記念BOX争奪戦に参加した日の夜、突如結成された「まどっちと名古屋に行く」というライングループに招待され名古屋遠征が決まりました。

 

 ・調整過程

本格的に準備を開始したのは大会の約2週間前でした。

名古屋フェスタの前に行われた大阪および広島でのフェスタの結果を踏まえ、デッキ選択を行うことにしました。

 

この時点での環境の主流デッキは、宙単・花単・雪単でした。クリスマスフェスタのときと比べて月単のシェアが落ち込み雪単のシェア率が徐々に伸びている状態でした。ならば、名古屋フェスタは花単デッキを持ち込む人が多く、結果として花単を意識した宙単が正着となると予想しました。

 

そのため、最初に構築したのは「ファントム・メイデン」、「護衛」、「セクハラ」を各種4枚搭載した宙単でした。

f:id:nk_mdt_893:20180213130949p:plain
f:id:nk_mdt_893:20180213130944p:plain
f:id:nk_mdt_893:20180213130939p:plain

イベント・アイテムだけでデッキの1/3ほどを占めるイロモノデッキでしたが、緋色杯で使用していたデッキと比べて花単に対しての勝率は格段に上がりました。

「常在戦場 常陸 茉子」or「大人な吸血鬼 矢来 美羽」+上記のイベントで適度にブロックしながらテンポダウンを狙いつつ、宙のスペックの高さでゴリ押す簡単なゲームでした。

f:id:nk_mdt_893:20180213134926p:plain

唯一相手の盤面に「恋の追跡者 ランサー/清姫があると厳しいゲームを強いられることになりますが、採用率の下がりつつあるカードであったことや「ご褒美」をケアするために「恋の追跡者 ランサー/清姫」自体が殴れず、ダメージレースで優位に立てないゲームが多く結果的に宙側が主導権を握るゲームが多い形となりました。

 

しかし、この構築は花単以外のマッチアップが厳しく、他の選択肢を模索することとなりました。

 

f:id:nk_mdt_893:20180213163200p:plain

そこで目を付けたのが「神の鞭搭載型の宙単」です。徐々に使用率が下がっているもののフェスタの入賞者には多く見受けられるデッキタイプです。

「神の鞭」はクリスマスフェスタ以降採用率が下がっておりメタ札も徐々に採用率が下がっていました。

神の鞭搭載型の宙単は強力なブロッカーを形成し、宙の得意とする中速ビートダウンへのゲームメイクがしやすい反面、初期ハンドの投資枚数が多く、序盤にコンボを決められないと決定打になりにくいという問題点を抱えています。

また、宙のキャラのほとんどは偶数コストで、Ex1のキャラは引いてしまった場合出すことを強要されるため、Ex1のカードの採用は慎重に行う必要があります。

f:id:nk_mdt_893:20180212143845j:plain

そういった背景からアップデートされたのがこの「神の鞭搭載型の宙単」です。

 今回のリストは「神の鞭」以外にも決定打を入れることで無理に序盤にコンボを決める必要がなく、これまでの疑問点を解決しています。

f:id:nk_mdt_893:20180213165000p:plain

 特にアップデート版で採用された「格差社会」は唯一無二の働きがあり、もはや採用していなかったことに疑問を感じるレベルのカードでした。

ミラーマッチではこれ1枚さえ持っていれば無理をして先手後手を返す必要がなく、終盤このカードだけで山札を10枚削りきることもありました。決定打の有無でゲームの優位性に大きな差が生じることからキャラのEx1の枚数を抑えイベントを投入しました。

 

「神の鞭搭載型の宙単」の選択に大きな問題がない以上、リセフェスタ名古屋のデッキが決まりました。

 

 ・リセフェスタ名古屋当日

 初めての夜行バス乗車を終え、朝温泉で体を癒し会場in。

デッキの決まっていないにゃぁぁさんにデッキを貸し、デッキリストを記入し、いつもの感じで1回戦を迎えます。

 

1回戦:ラビクリさん@雪単 ×

f:id:nk_mdt_893:20180213174758p:plain
f:id:nk_mdt_893:20180213174806p:plain
f:id:nk_mdt_893:20180213174816p:plain

初戦から最も苦手とするマッチアップ。雪属性に対しては対策という対策はなく、テンポを落としたら負けるため序盤から積極的に展開していきます。
しかし、「幻魔 綾地 寧々」、「ペッパー君 籠 夏希」、「死告天使 アサシン/”山の翁”」の3種類を早々に並べられボードアドバンテージを失い失速。序盤の山差も徐々に詰まり最後はキャラが湧かずに負けました。

 

2回戦:トラツナさん@宙単 〇

f:id:nk_mdt_893:20180213175550p:plain

後手だったため、後ろから固めていく従来の宙単の動きを徹底する立ち上がり。道中でゆずソフト限定構築の宙単ということが解りスペックの差で1度のアタックも許さず勝ちました。

 

3回戦:えびさん@宙日 〇

f:id:nk_mdt_893:20180213180300p:plain
f:id:nk_mdt_893:20180213180311p:plain
f:id:nk_mdt_893:20180213180321p:plain

ゆずSTのデザイナーズデッキ。混色デッキなのに手札枚数を縛りながら立ち回らなければいけないという弱点を抱えています。初手に出した「噛み砕く死牙の獣 バーサーカー/クー・フーリン〔オルタ〕」が全く止まらず、「ハロウィンコスプレ 因幡 めぐる」が着地するときにはお互いの盤面がすべて埋まっており受けるキャラがいなく淡々とゲームを進めて勝ちました。

 

4回戦:奈留さん@花単 〇

f:id:nk_mdt_893:20180213181312p:plain
f:id:nk_mdt_893:20180213181318p:plain
f:id:nk_mdt_893:20180213181324p:plain

先手、左右に「妹のぬくもり 千歳 佐奈」、「財閥令嬢 兼元 灯里」を配置。手札に「常在戦場 常陸 茉子」+「神の鞭」があったため早速コンボを決めテンポダウンを狙っていきます。ゲームを進めていくと「全てを染めよ禁忌の白 #ffffff」が落ちたため「散髪」は入っていないと判断。次のターンにアタックしてきた「財閥令嬢 兼元 灯里」に対して「常在戦場 常陸 茉子」+「神の鞭」で対応するも、バトル中に「散髪」を打たれ2-6交換。判断が軽率でした。
このような展開になったとき重要なのはしっかりとテンポダウンするカードを準備しているかどうかです。次のターンに慌てず「西住流 西住 みほ」を合わせていきます。

「常在戦場 常陸 茉子」+「神の鞭」を失ったもののゲームテンポは上がらず最終局面へ。相手がこちら側の狙いに気付かずAP0のキャラをチャンプブロックしたため「格差社会」でダメージが届くようになり勝ちました。

 

5回戦:tomatoさん@花単 〇

f:id:nk_mdt_893:20180213183345p:plain
f:id:nk_mdt_893:20180213183338p:plain
f:id:nk_mdt_893:20180213165025p:plain

4回戦の人とは違い2ハンドキャラ主体のウィニー花単。先手2ハンドDMG3 3体エンドに対し、後手は中央DFに「最果てにて輝ける槍 ランサー/アルトリア・ペンドラゴン」、右AFに「常在戦場 常陸 茉子」を配置。タイミングを見計らいながら「最果てにて輝ける槍 ランサー/アルトリア・ペンドラゴン」の効果を起動し、相手の盤面形成を妨害していきます。最後は「夜狼死九・黄金疾走 ライダー/坂田金時」で詰めて勝ちました。

 

6回戦:yubelさん@花単 〇

f:id:nk_mdt_893:20180213185659p:plain
f:id:nk_mdt_893:20180213134926p:plain
f:id:nk_mdt_893:20180213165000p:plain

ウィニーらしく2ハンドDMG3 3体エンド。こちらも中央DF「約束された勝利の剣 セイバー/アルトリア・ペンドラゴン」、右AFに「常在戦場 常陸 茉子」を配置していきます。こちらのスペックの高いアタッカーがなかなか引けず次第に盤面が固まっていきます。唯一打点の通っていた「吠え立てよ、我が憤怒 アヴェンジャー/ジャンヌ・ダルク〔オルタ〕」も「恋の追跡者 ランサー/清姫」の着地と同時に殴れなくなります。 お互い盤面が硬直気味になったときに相手の「蹴り穿つ死翔の槍 アサシン/スカサハ」アタックに対応して「常在戦場 常陸 茉子」で受けにいくも「エリちゃんツアーライブ2015!!」を打たれて一方ダウン。他の止まっていた列もこのターンだけは止まらなくなりダメージレースを逆転されてしまいます。

しかし、初手から抱えていた「格差社会」で打点を詰めることを念頭にプレイし、最後は綺麗に詰めて勝ちました。

 

結果、5勝1敗の8位入賞。

正直望外でした。夢にも思っていない展開でしたが、なってみると嬉しいものです。初戦負けの時点でだいぶメンタルに来ていましたが、しっかりと持ち直せたのが大きかったと思います。

また、バス旅行メンバーのにゃぁぁさん、かぱぷさん。川崎勢の赤名さんも入賞と入賞者の半分が顔見知りという大快挙。みんなで勝てると喜びも何倍に膨れ上がります。

リセにおける初入賞ということで、今日という1日が私にとって特別な日になることは間違いありません。

 

最後になりますが、今回の旅の手引きをして下さったかぱぷさん、にゃぁぁさん、緋色さん。夜泊めていただいたロリ邸?の家主様、絡んでくれた方々に感謝を示したいと思います。ありがとうございました!

 

 

 

 



リセフェスタ名古屋 大会レポ

 

 

タイトル通り名古屋フェスタの大会レポです

 

今回こそはただの自己満レポなんでBB推奨度高めです

 

駄文が長い

 

デッキのこととか環境のこととかは後でまどっちが語ります

 

それでは早速

 

名古屋リセフェスタ 使用 雪単

 

1回戦 YUZ宙単 先行 ◯

 

マリガン前、手裏剣手裏剣荊軻荊軻ペッパー

 

マリガン後、じーじじーじじーじ荊軻手裏剣

 

f:id:nk_mdt_893:20180211070923j:image

 

中央ミストルティン(ここで手札のEX2とはさようなら)

 

能力起動!ドロー!手裏剣!!!

 

 f:id:nk_mdt_893:20180211071315j:image

 

泣きながら半分くらいお願いお願いっみたいな感じでAF手裏剣エンド

 

返し限築茉子にSR茉子、手裏剣にアカギ

 

限築!?ってなりながらも2ターンくらい6-3交換してじーじどーん!

 

この時点でもまだ手札にじーじが…

 

その後荊軻でたりペッパー君でたり大体EX1を押しつけ続けてなんとか1.5ターン差くらいで勝ち

 

EX1が全部奇数コストで本当に助かった()

 

2回戦 月単 先手 ✖️

 

お、ベルさんじゃーんどうせ宙やろ勝ち勝ち〜

 

でもハンドに寧々もペッパーくんもいなかったし相変わらず何故かEX1大量発生してたのでミョルニルエンド

 

返しマシュ酒呑

 

!?なりつつもマシュ対面にジャックと荊軻

 

返しにうまい具合にクーフーリンとロビン

 

あばばばば〜なりつつも返しで荊軻が酒呑に飛んでキモチワンある…?

 

返しオボロ追加のその後後ろ酒呑

 

酒呑にじーじぶん投げて完璧ムーヴや!言ってたら途中から出て来たフラン君が盤面硬直状態からぽつぽつ2点押して来たりタケノコもらって負け

 

マシュ除去の方が良かったのかなーと思いったんだけど2回喋ったマシュと酒呑天秤はすごい微妙だった気がする

 

長い目を見てマシュ潰すべきだったかもしれないです

 

後酒呑強い、除去後まで修正残るのやめてくれ〜

 

 3回戦 雪単 後手 ◯

 

先手寧々ペッパー後手寧々ミョルニルで相手じーじこっちもじーじで完全に泥沼ゲーム

 

結局お互い主要アタッカー全部しばきあってお互いの寧々と手裏剣がぽこぽこ殴り合う展開に…

 

ミョルニルで稼いだ3点くらいをキープし続けてドローアウト

 

手札でも手裏剣睨み合ってた

 

4回戦 宙単 後手 ◯

 

マリガン後おっしゃじーじいるかましたろー思ってたら初っ端茉子矢来の移動コンビ

 

どこおくねん…いいながら取り敢えず1ターン展開遅らせて様子見展開

 

なかなか後続のアタッカー出てこなかったので矢来正面じーじで茉子しばいて荊軻設置

 

ミョルニル追加したあたりから様子見してた時の打点がじりじり帰って辛勝

 

時間結構ギリギリだったからもしかしから時間かければ逆転手があったかも知れないけど急かしてしまってすいません

 

5回戦 雪単 後手 ◯

 

本日宿泊のろりてーの主

 

挨拶とお礼を込めて夏希KRぶん投げてゲームスタート

 

お互い寧々引かなくて手札の苦しいゲーム

 

ミョルニル喋りまくったら中盤前くらいに寧々舞い込んで来たので2回しか喋れなくても展開

 

キモチ余裕持ったまま最終盤面へ

 

お互い打点レース落としてる余裕ないところでハンド抱え始めて少し嫌だなー思ってたらトリプル手裏剣

 

心臓飛び出そうになりながらもミョルニルダブル手裏剣で痛勝

 

ミョルニルあったら普通に負けてる()

 

まぁ相変わらずお互いミョルニルは除去対象の筆頭だったから何回出せますかゲームみたいになってたけど

 

6回戦 花単 後手 ◯

 

当たりたくなかった花単と最終戦

 

しかもタツさん

 

ここ踏み外しても赤名かまどっちかぷかみたいな大体が身内潰しみたいな感じだったけど花だけは踏みたくなかった最終戦

 

相手P金元主軸に置いたデッキらしく金元佐奈エンド

 

対しこっちは相変わらずEX1多すぎてたまらずハンド潤滑材ことミストルティンに寧々荊軻エンド

 

ケツねぇ追加の9点グログロ打点に死にそうになりつつも返し佐奈正面ニトクリス

 

ケツねぇ除去してお代わりもらったらたまったものじゃないのでケツねぇスルーに金元荊軻ジャンプ

 

そしたらまた金元出て来たこの野郎

 

返しにじーじ追加で打点カットの体制とって少し序盤のデカすぎる打点差返しつつしばらく後じーじ討ち取られてさらにアタッカー追加

 

じーじ2枚目踏んでだんだんと盤面がボロボロに

 

ゲーム内じーじ二回、ニトクリス二回とそれぞれ枚数かなりお互い確認しながらの進行で先に相手のアグレが尽きるもリラックスの線が消えず

 

本当にちょうどドロー枚数で一枚ずれるくらいの山差で山残り一桁枚数へ

 

無理したらリラックスで負けの状況で最後に追加したPRマシュがいい仕事してほぼ完全な詰め

 

残り時間いっぱいまで考えるもお互いそのタイミングからのまくりは無理と判断

 

ということで5-1で入賞でした

 

一緒に入賞したまどっち、ぷにき、赤名先輩、おめでとうございますん

 

とくにまどっち!!!!良くやった!!

 

自分が広めた人が入賞してくれるのは大変嬉しいですねぇ

 

今回バス旅行メンツも3/4入賞となかなかいい気分で帰れそうで良かったです

 

お疲れ様でした

 

後泊めてくれたろりせんせー本当にありがとうございます

 

ちょー楽しかったのでまたろりてー行きたいっす

 

だいぶ長くなっちゃったのでこの辺で

 

ではでは(・ω・)ノシ

 

 

リセフェスタ大阪

 

タイトル通り大阪フェスタのレポです

 

最近忙し過ぎて事細かく書いてる余裕がないので忘れないうちにレポだけおいておきまう

 

正直下書きから出てくることないだろうなぁと思ってたんですけど書け〜と猛プッシュにあったので帰りの時間使って書きました

 

使用デッキは雪月ゲームセット

 

レシピは公式の見てください

 

https://lycee-tcg.com/festa/player.pl?tno=58&festano=34

 

1回戦 宙単 後手

 

先行3ハンドキャラ2枚に対し初手ゲムセなかったのでハンド消費抑えつつ最小展開、その後タイミング的には打ちたいタイミングあったもののほんとに最後一枚積もったくらいで打てずにゲームセット()

 

FGO1弾の花月ウィニーから学び直す必要を感じた

 

f:id:nk_mdt_893:20180120212726j:image

 

ドロップしたくなった(小声

 

2回戦 宙単 先手 〇

 

先手ウィニー展開でSPゴリゴリ出来る理想的なウィニー展開

 

流石にそれだけじゃ先手差返されてきたところでゲームセットで盤面リセット

 

相手の展開遅れて微差で勝ち

 

3回戦 日単 後手 〇

 

先行ロムルススペック三面展開にゲームセット

 

気持ち良すぎてイった

 

f:id:nk_mdt_893:20180120213431j:image

 

 

 その後も相手後続のアタッカーしばらく出ずズルズルと盤面差引き離して快勝

 

これはいいものだ

 

f:id:nk_mdt_893:20180120213700j:image

 

 

 4回戦 宙単 後手 ✖️

 

先手3ハン4点パンチャー二枚

 

ハンドにゲムセなし!!!

 

閉廷!

 

 f:id:nk_mdt_893:20180120214236j:image 

 

一枚のカードに頼りすぎだなと思いつつもやっぱり面白いからやめられないエクストラターン!!!

 

気合いの5回戦6回戦

 

5回戦 雪単 先手 ◯

 

さっき普通に話してたつかささん

 

流石にネタも割れてたみたいでヤバそうな感じ

 

先手寧々ネキエンドにガンドでしばかれて相手寧々ネキアタッカーエンド

 

しばらくウィニーして固まりかけたところにゲームセット

 

お互いわちゃわちゃ止めたり殴ったり時々トップに負けたりしながらほんの少しの打点キープして逃げ切り

 

翁事故ってなければヤバかったかも

 

ここまでくると流石に人が絞れてきて周り知り合いだらけなのほんまおもろい

 

やっぱ雪相手はウィニーだけでそこそこ攻めきれて除去打たれにくい&こちら盤面リセットあるって圧力が結構刺さりますね

 

そんなこんなで最終戦

 

6回戦 雪単 後手 ◯

 

5ハンド展開に対し惜しみなくゲームセット

 

色の関係で2点3点キャラしか出なかったけど相手もそこまで強くなく微差でゲーム展開

 

途中で飛んできた翁にだいぶキツイ展開しながらも終盤のリソースが切れかける展開に最後の一息ゲームセット

 

相手のドローアウトの方が先に見えてたので投了もらって勝ち

 

手裏剣とゲムセで最後デッキ枚数微差のドローアウト狙うゲムセもやっぱり強いっすね

 

受けないと負ける、受け続けてても勝てない

 

そんな状況を作れれば理想的

 

さて、意気揚々と今回ゲムセで取ってくるぜ!!!

 

と言って意気込んだ大阪遠征ですが、あえなく4-2で沈みサブマリンも失敗と送り出してくれたみなさん…

 

f:id:nk_mdt_893:20180120215459j:image

 

 

いや、正直結構自信あったんですけどねぇ…

 

1番意識してたところに二回負け

 

まだまだ研究が足りなかった感じですけど確かな手応えはあったのでもう少し調整してみます

 

 でも難敵だった花と月踏んでないのでまだまだわからんみたいな本音

 

構築記事や戦略意図などのデッキ語りはまた時間があるときに書くかもしれません(しばらく忙しそうなんであれですが

 

そんな感じのリセフェスタ大阪でした

 

そうそうゆず収集の進捗ですが

 

大阪行く前に秋葉ホビで茉子1枚、大阪行ったときに寧々2枚譲って貰えたので現状茉子SSP3枚、寧々SSP3枚、瀬奈SSPが2枚となりました

 

f:id:nk_mdt_893:20180120221909j:image

 

金ねえっつってんのに何金使ったんだって感じですけど取引していただいた方本当にありがとうございます

 

だいぶ終わり見えてきましたしもうちょいなんで頑張ります

 

それでは今回はこのあたりで

 

(・ω・)ノシ

 

 

第1回りせお緋色杯レポート 担当:まどっち

1/7(日)に開催された「第1回りせお緋色杯」に参加してきました。

 

・デッキ選択

第1回りせお緋色杯」の参加にあたり、私が持っていくことに決めたデッキは宙単でした。

以下の画像が実際に使用したリストになります。

f:id:nk_mdt_893:20180108211541j:plain

 今回の大会は「ゆずソフトver1.0」の発売からから2週間が経過しており、その間には「リセフェスタ・クリスマス」の開催や年末年始休暇があったりと準備期間と判断要素も十分に用意されていました。

しかし、年末年始はコミケや実家帰省などのイベントが重なりLyceeを練習する時間が全く取れませんでした。

結局本番前日の1日しか練習時間を確保できず、

 

1.「ゆずソフトver1.0」発売以降1番回しこんでいる

2.「リセフェスタ・クリスマス」を踏まえて改善点が明確になっている

 

上記2つの理由から「宙単」を選択しました。

 

・「リセフェスタ・クリスマス」の改善点

その1.対雪の勝率向上

「リセフェスタ・クリスマス」の調整段階でマッチアップが厳しいと感じた対雪に対しての対策を考えました。

f:id:nk_mdt_893:20180108230326p:plain

当然のことながら全ての除去札に対応することはできません。しかし、意識して構築するとケアすることができる除去札は多く存在します。その筆頭が「断罪」です。必要最低限以外はDP4のキャラを全てデッキから外しました。また、自身の効果でDP操作のできるキャラを多く採用することで「壁ドン」や「パイロキネシス」を容易に打てないようにしました。

 

その2.神の鞭の有無

「リセフェスタ・クリスマス」で猛威を奮った「神の鞭」コンボ。種さえ分かってしまえば対策はどの属性にも存在し、「りせお緋色杯2018」は当然どのデッキも対策手段が搭載されていると考えられます。

f:id:nk_mdt_893:20180108231606p:plain

ほとんどのメタカードは「ご褒美」でケアできるわけですが、どうしてもケアするのが難しいカードがあります。それが「散髪」です。SP値の高さを強みとする花に対しては是非とも装備してコンボを決めたいわけですがコンボを決めてしまったばっかりに「散髪」+サポートで4-6交換を強いられ、そのまま失速し敗北するゲームが後を絶ちませんでした。また、これの困ったところは「散髪」の有無をゴミ箱に落ちている枚数以外でチェックすることができないという点です。結局「神の鞭」を付けた宙側が一見優位に見えるものの常にリスクを負い続ける間抜けな状況に陥ります。

そういった経緯から「神の鞭」を全てデッキから抜き、代わりに2ハンドブロッカーの枚数を増やしました。

 

その3.ファッティの選定

f:id:nk_mdt_893:20180108233557p:plain

従来では止まらない安定アタッカーである「バーサーカー/クー・フーリン【オルタ】」でしたが、「神の鞭」コンボをメタる札で対処可能であるため結局手札に「ご褒美」を握れていないと満足に殴れない状況がありました。そこで自身で自衛効果を内蔵している「バーサーカー/ヴラド三世」に全て差し替えました。また、ミラーでの優位性を考慮し、先述したどちらの札も処理することができる「ランサー/アルトリア・ペンドラゴン」を増やしました。

 

・大会前日

今回は、大学の同期であるこってぃーさんと午後から調整を行いました。

こってぃーさんが午後からしか空いてないということで

 

午前:動画や記事漁り

午後:回しこみ

 

このようなスケジュールで調整を行いました。

情報を探っていると「キャスター/マーリン」を主軸に据えた「散髪」が4枚入っている花単の解説記事や宙vs雪の対戦動画など知りたい情報がちらほら見つかりました。

 

懸念点としては、情報量が少なすぎてこれが今の主流のデッキタイプなのかのチェックができないことが挙げられます。

しかし、こればかりは当日にならないとどれが主流なのか解らないため知識として留めておき、対戦した際にどう対処するのかを考えておくことにしました。

 

午後はこってぃーさんの花単とずっと対戦してました。調整人数が少なく実戦は花単しか対戦してないまま当日を迎えました。

 

・大会当日

Weiβ Schwarzの頃を含めても大規模非公認大会には参加したことがなくフェスタとは違った緊張感を感じていました。

朝何故かバスがこなくて出発が30分遅れたりとハプニングもあったものの無事に会場に到着しました。

f:id:nk_mdt_893:20180109010009j:plain

今回の目標は決勝トーナメント進出でした。

緋色杯は予選5回戦を行なった後、上位8名で決勝トーナメントを行います。そのため、まずは予選を勝ち抜き上位8名に残ることが求められます。

 

肝心の結果ですが…

 

第1回りせお緋色杯【予選】

使用:宙単

1回戦:花単 後 ×

2回戦:日単 先 〇

3回戦:宙単 先 ×

4回戦:月単 後 〇

5回戦:日単 先 〇

 

予選は3勝2敗。

1回戦はウィニー展開を止められないままゲーム中盤にもつれ込み苦し紛れで出した「バーサーカー/ヴラド三世」に対して綺麗に3/1ブロッカーを合わされ続けあっさり負け。早速1回戦を落としてしまいました。

3回戦はお互いに「ご褒美」で相手のAFを落としあって引きゲー展開になったところ先に出てきた相手の「バーサーカー/クー・フーリン【オルタ】」の処理が2ターン遅れその差が詰まらずに負け。「ランサー/アルトリア・ペンドラゴン」自体は引けたものの列除去するハンドコストが用意できずケアが足りていませんでした。

 

オポネント次第では決勝トーナメント進出ラインになんとか残ることができますが…

f:id:nk_mdt_893:20180109010846j:plain

なんとか予選7位通過で決勝トーナメント進出。

 

周りは自分でも聞いたことがある猛者達が相手ですが、ここまで来たら気合を入れて挑むだけです。

 

第1回りせお緋色杯【決勝T】

6回戦:花単 後 ×

 

遭えなく1回戦で轟沈。

止められている「ランサー/ヴラド三世〔EXTRA〕」を「セイバー/モードレッド」で早々に退場させてあげればまた違ったゲーム内容になってきたのかと思います。先手後手をひっくり返そうと躍起になってプレイし状況判断がうまく出来ていませんでした。

 

トータルでは3勝3敗のベスト8でした。

 

 

負けてからは決勝トーナメントの試合を観戦しました。

観戦していて思ったのは「相手の山札の枚数を聞くのが自分よりも早いこと」でした。

詰みゲーになる前の危機察知能力の高さが今の自分とは比べ物にならないほど高く力の差を感じました。

プレイングやデッキ構築もまだまだ伸び代があるということ、自分が知らないだけで近場にこんなに強いプレイヤーがたくさんいることを知れたのは大きな収穫でした。

 

観戦が一段落したところでれーちぇさんの花単とフリーさせていただきました。

復帰したばかりとはいえその力は健在で負けたゲームのほうが多かったです。試合しながら時々プレイング指導を受けとても有意義な時間でした。

 

そしてお待ちかねのプレゼント交換

f:id:nk_mdt_893:20180109005418j:plain

こうして見るとすごいラインナップですね(笑)

カードゲーム系以外にも食べ物やフィギュアなどなどそれぞれの個性がよく現れている景品です。

 

そんな中で自分がもらった景品はプレイマットとストレージでした。

f:id:nk_mdt_893:20180109235501j:plain

 持ってきてくれた人はありがとうございます。大切に使わせていただきます。

 

大会後はリセラー新年会に参加しました。

 

ユニークな人が多くてとても楽しい新年会になりました。

この新年会を期に知り合った人も多くこれから交流を深めていけたらと思います。

 

そんなこんなで楽しい1日を過ごすことができました。

ゲーム自体は10戦弱しかやれていませんが、格上の相手と対戦し”リセ”ってゲームをより深く知ることができたと思います。

今回はオポネントが高く運よく決勝トーナメントに出場しましたが次回はしっかりと予選を1敗ライン以内で終えて決勝トーナメントも勝ち進んでいきたいです。

 

トッププレイヤーの方々にしっかりと食らいついていけるように日々勉強を積み重ねていきたいと思います。

 

最後になりますが、大会を開催してくれた緋色さん、調整に付き合ってくれたこってぃーさん、緋色杯および新年会に参加した皆々様ありがとうございました。

 

 

では。